申請フォーム・承認フォーム作成

GUIエディターでのフォーム作成

申請書(ドキュメント)は付属の申請書作成ソフト「Formエディタ」で作成します。 稟議書や各種申請書、伝票など必要な申請書がユーザ部門で作成/変更ができるのでスムーズに導入できます。

申請書項目の配置やレイアウト調整がドラッグ&ドロップのマウス操作でできるため、システム開発経験の無い方でも簡単に申請書を作れます。

申請書項目のフォントや境界線などの基本的な設定から、読取専用、必須入力、フォーマット(数値、日付など)、カレンダーの利用、計算(+、-、×、%など)といった高度な設定までGUI操作で行えます。

各種フォーマットついては、以下に掲載しております。
フォーム作成『レイアウト』

また、左右上下揃え、サイズ揃え、一律の拡大/縮小など申請書のレイアウトを整える便利な機能も備わっているので、初めての方でもきれいな申請書を作成することができます。

オブジェクト

申請書の項目として多彩なオブジェクトを標準装備しています。


(固定オブジェクト)


(フォームオブジェクト-PDF)


(フォームオブジェクト-JSP)

項目は以下の通りです。

  • 印影(印影、日付印、手動印影)
  • 入力テキスト(入力値をキーにデータベースからの値取得も可能)
  • コンボボックス(リスト内容をデータベースから取得することが可能)
  • チェックボックス/ラジオボタン
  • 申請者/承認者情報表示
  • 承認履歴
  • 自動採番
  • 複数ページ

フォーム作成機能

Webフォーム、PDFフォーム作成

取り込んだファイルからWebフォーム、PDFフォームを作成することが可能です。

Excelで作成された申請書があればフォームインポートした後のレイアウト修正はほとんど不要なので、Excel操作に慣れた方は申請書作成のほとんどをExcelで行うことも可能です。

FormエディタではPDF、Word、Excel形式の電子ファイルを取り込んで申請書の作成を行うことができます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
フォーム作成『レイアウト』

出力帳票作成

申請フォーム用に作成したレイアウトそのままで出力文書(PDF形式)とすることができます。
任意の項目を出力時のみ非表時にしたり、背景色を変更したりできます。

複数ページ登録

申請フォームを作成する際に、複数のページを登録することも可能です。

以下の操作が可能です。

  • 新規ページの作成
  • ページの削除
  • ページの移動
  • ページの並べ替え

PDF埋め込み

PDF フレームは既存のPDF ファイルのページ情報を取り込んで表示するオブジェクトです。
1 つのPDF フレームは、PDF ファイル1 ページ分の情報を表示させることができます。
※PDFフォームのみ利用可能なオブジェクトとなります。