メール通知

メール通知機能の種類

メール通知機能には以下の種類があります。

  • 承認依頼/決裁通知
  • 取戻し/差戻し通知
  • 督促通知
  • 自動督促通知

承認依頼/決裁通知

承認依頼

申請時もしくは承認時、承認者に対してメールを送信するかどうかを選択します。

メール送信設定には以下の種類があります。

  • 次の承認者へ送信する
    承認依頼が届く承認者にメールを送信します。初期状態ではこのオプションが選択されています。
  • 全承認者へ送信する
    全承認者にメールを送信します。
  • 送信しない
    メールを送信しません。
  • 送信先を指定する
    承認者一覧リストからメールを送信する承認者を選択できます。

決裁通知

決裁時、申請者もしくはこれまでの承認者に対してメールを送信するかどうかを選択します。

取戻し/差戻し通知

取戻し

取戻しを行う際、コメントを付けることができます。
以下の画面で入力したコメントは承認者に送られるメールにのみ記載されます。

差戻し

差戻しを行う際、差戻しの種類に応じた相手にメールで通知することができます。

メールオプションには以下の種類があります。

  • 該当者へ送信する
    差し戻されるメンバにメールを送信します。初期状態ではこのオプションが選択されています。
      否認・再申請請求時:申請者
      再承認請求時:再承認対象の承認者
  • 送信しない
    メールを送信しません。
  • 送信先を指定する
    承認者一覧リストからメールを送信する承認者を選択できます。

督促通知

督促を行う際、コメントを付けることができます。
以下の画面で入力したコメントは承認者に送られるメールにのみ記載されます。

自動督促通知

ワークフローシステムでは、案件を受信してから一定期間以上経過した承認者や決裁者へ自動で督促メールを送信する自動督促機能があります。自動督促機能では、督促メールが送信されるまで期間および督促メールを送信する日時を設定できます。

督促メールが送信されるまでの期間の設定

督促メールが送信されるまでの期間は、ルートエディタの承認者、決裁者、閲覧者のプロパティ画面で設定します。

督促メールを送信する日時の設定

督促メールを送信する日時は、ワークフローシステム管理機能から設定します。