選ばれる理由

かんたん

紙の書類をそのまま、簡単電子化!
紙と同じ入力フォームで違和感無く移行
承認ルートもかんたん作成!

紙による申請業務の流れをWeb上に再現しました。管理者機能もわかりやすさにこだわっています。

詳しくは以下をご覧ください。
Create!Webフローとは

みえる

業務の流れを徹底的に可視化
ルート表示で、承認状況・予定が一目瞭然
承認履歴や運用効率も把握できる

すべての関係者が承認状況を確認できます。

詳細はこちら

承認履歴を確認して、業務の流れを
チェックできます。

詳細はこちら

過去の申請案件を探したり、
運用状況についてのレポートを出力できます。

詳細はこちら

つながる

システム連携機能が充実
他のシステムとつながることで
さらに使えるワークフローへと成長する

外部システムからの自動申請機能を標準装備しています。

詳細はこちら

外部システムへデータを連携することが可能です。

詳細はこちら

グループウェア等、他社システムパッケージに
連携可能です。

詳細はこちら

Create!Webフローの概要についてはこちらの動画をご覧ください

Create!Webフローを選んでいただいた、お客様の声

株式会社ビー・エム・エル 営業管理部 営業管理課 様

・一番ほしかった承認機能がわかりやすくて使いやすい
・現状の「単価登録システム」と密に連携できる
さまざまな他社の製品も比較しました。医療管理従事者として慎重にシステムを選定したところ、ワークフローの機能として申請・承認の操作自体が突出してシンプルでわかりやすかったため、「Create!Webフロー」に決めました。また、既存の「単価登録システム」と密に連携できる柔軟性も大きな魅力でした。


詳細は導入事例へ

お客様写真

ミサワホーム株式会社 情報デザインチーム 様

製品説明がとてもわかりやすかったことを今でも覚えています。
機能的な面に関しては、
・承認のルートが視覚的にわかりやすい
・申請帳票(画面)をPDFで簡単に作成できる
・承認フローを職制によって指定できる
という3つのポイントを重視しました。
さらに、導入までのスケジュールが決まっていたので、ゼロからワークフローシステムを構築するような製品ではなく、パッケージとして短期間に導入し、導入後すぐに利用できること。そして、ポータルサイトや文書管理システムと連携できることを考慮し、Create!Webフローを採用することにしました。


詳細は導入事例へ

お客様写真

アサヒ飲料株式会社 システム企画部 様

1,承認ルートの自由度が高いこと
アサヒ飲料は決裁の階層自体はわかりやすくフラットですが、決裁に行く前にどこを回覧させるかについては稟議の内容により変わります。これを柔軟に設定できる必要がありました。Create! Webフローの機能は、異なるルートを初期設定できて、なおかつ途中で修正もできるところが便利でした。

2,低コストであること
完全Webベースなので、「Create! Webフロー」も「ArcSuite Office」も専用ソフトを入れる必要がなく、システム投資額を抑えることができるのは魅力でした。

3,印影の登録が簡単にできること
電子化した稟議書においても印影が大事であることは前にも述べましたが、Create! Webフローではこの部分の操作性が非常に優れていました。また、ほかの2社はオプションであったのに対し、印影機能は標準機能でした。


詳細は導入事例へ

お客様写真

株式会社シーマ 執行役員 総務部 様

そもそもCreate! Webフローの導入を決めた最大のポイントは、私どもが日頃行っている手書きと同じスタイルを、社内書類のワークフローとして取り込めたからなんです。いかにもシステム然としたものでは、パソコン操作が不慣れな人たちへ、『これからはこうなりますよ』と説明したときに、違和感があったり拒否反応が出ることを私どもは危惧しました。


詳細は導入事例へ

お客様写真

株式会社コトブキ 情報管理部 業務改善室 様

Create! Webフローを選択した理由は簡単。各種の申請・承認においては、紙の書類に印鑑を押すという従来の業務がそのまま電子化されているので現場の人たちも容易に馴染めたから。 システムというものは、導入時に現場はさわることさえ躊躇するものです。だがCreate! Webフローの場合、従来の書類がパソコンに入ったようなものだから、それがなかった。


詳細は導入事例へ

お客様写真