Create!WebフローV4.1リリース

リリース:2014年12月

ワークフローシステムCreate!Webフローの最新版、V4.1の主な新機能をご紹介します。

承認ルートテンプレート管理 V4.1新機能

管理者用機能として、承認ルートの一部をテンプレート化して管理することに対応しました。

分岐先の大部分が等しい承認の並びの場合や、よく使う並びをテンプレートとして用意しておくことで、かんたんに承認ルートを作成することができます。
また、このテンプレートは複数の承認ルートで使いまわすことができます。

テンプレートを編集するとその部分が一括で更新されるためメンテナンス性にも優れており、承認ルートの管理を効率化することができます。

承認ルートテンプレート管理

検索サブフォーム V4.1新機能

利用者用機能として、申請フォーム・承認フォーム上からデータベースの参照や検索が行えるサブフォーム機能を追加しました。

複数テーブルの結合参照に対応したサブフォームであり、サブフォーム内で参照したデータベースの値を複数のキーワードで検索することができます。
選択した項目は申請書内の該当箇所へ自動で入力されるので、手間が省け、入力ミスの防止にもなります。

また、このサブフォームは、見積書や注文書といった複数の申請書で使いまわすことができます。

検索サブフォーム

承認取戻し V4.1新機能

利用者用機能として、承認者が自分で承認した申請案件を取戻す(取消す)操作に対応しました。

以下の条件を満たす場合、承認を取戻して再度承認し直すことができます。

  •  自分の承認以後、他の承認者が承認や保留をしていない
  •  該当の申請案件が決裁されていない

承認取戻し

分岐条件設定の拡張 V4.1新機能

管理者用機能として、承認ルート作成時の分岐条件設定で数値比較、文字列比較に加え、「条件判定外」設定に対応しました。

例えば、営業部、総務部のみ承認ルートが異なる場合、
1.営業部、2.総務部、3.その他(条件判定外)の3つの条件で設定が完了になります。

条件判定外(その他)設定

以下はV4.0の新機能です。

利用者向けの主な新機能と特長

承認ルートがさらに柔軟に

○ルート変更機能の追加と仕様変更

Create!Webフローは起案内容によって規定のルート(承認経路)を変更することが出来ます。これまでも充実した機能を実装していましたが、今回のバージョンアップでさらに機能を強化しました。

  • ルート変更機能を使用し、ルート「追加」操作で既存グループに承認者を追加した場合にも、通常の承認者と同様の項目で印影や情報表示項目が表示される設定が追加されました。
  • ルート変更権限で「追加」権限と「挿入」権限を分けて定義できるようになりました。
  • ルート変更権限で「追加」された、追加承認者として扱われるユーザーが、ルート確認/ルート変更画面で視覚的に確認できるようになりました。
  • ルート変更機能を用いて承認者(グループ)を削除した場合に、以降の承認順序が一つずつ繰り上がる動作から、ルート定義時点の承認順序が維持されるようになりました。

ルート変更機能の追加と仕様変更

○スキップ承認設定の機能追加

承認ルートで同一ユーザーが連続する場合、スキップするか否かを利用業務に応じて選択することができます。

文書共有、検索機能がより便利に

○共有機能拡張

共有機能はこれまでワークフロー完了済みの申請案件のみが対象でしたが、進行中の申請案件も対象として共有できるようになりました。

業務区分機能拡張

業務区分項目に検索するキーワードを設定することで、申請ドキュメント内の特定の項目を対象として検索できます。

<業務区分機能とは>
稟議書や経費精算書などの業務ごとに一覧画面を拡張し、その文書の任意の項目を一覧表示、検索/ソートの対象とすることができます。

  • 業務区分を利用する範囲をグループ、役職及びその組み合わせごとに設定できるようになりました。
  • 文字列項目の拡張: 文字列の部分一致検索
  • 整数項目の拡張: 数値比較による範囲検索 ※0以上の整数が対象になります

操作がもっとわかりやすく

○ユーザーインターフェースの改善

  • 各一覧での案件非表示操作の見直し
  • 所属情報選択インタフェースの見直し(非兼務時所属自動選択)
  • 日付選択インタフェースの見直し(カレンダー選択)

管理者向けの主な新機能と特長

組織登録の大幅な改善

○組織階層構造の定義見直し

組織の階層構造を定義するデータフォーマットが従来の「組織と人を繰返し定義する」から「組織情報のみで階層定義する」に変更されました。所属(人事)情報がなくても組織情報だけで階層構造が定義できるので、新規構築時や人事異動を伴う組織変更が容易になります。また、組織の階層構造と所属情報が分離される為、階層情報を持たない所属情報のインポートが可能になり、他システムとのユーザー情報同期が容易になります。

組織階層構造の定義見直し

  • Designerでの組織情報の取扱いが最適化され、1,000名超の組織構造でもストレスなく操作できるようになりました。

○組織定義に有効期限の設定追加

組織定義に有効期限の設定が追加され、組織変更時の運用管理が容易になりました。

組織定義に有効期限の設定追加

Desiner操作インターフェース改善

ドキュメント登録操作の改善

  • JSPフォームを作成する場合、これまでは登録操作が必要でしたが、今回JSPフォームを自動登録できるようになりました。
  • Designerでドキュメントを管理する際の「ドキュメント区分」を見直しました。
    • (旧)入力JSP/出力PDF、入力PDF/出力PDF →(新)フォーム
    • (旧)Word、Excel、その他 →(新)ファイル

運用管理機能の強化

○操作ログの出力

ログイン、申請/承認、代理代行設定などの操作が時系列で操作ログに記録できるようになりました。
これまでアクセスログでも追跡が難しかったメール送信やルート変更についても送信先や変更内容が記録されます。

クラウド対応

○付属ツール、オプションのクラウド対応

これまでCreate!Webフローシステムと同一サーバーで動作させる必要のあった付属ツール及びオプションの機能をインターネット経由で利用できるようになりました。
削除ツール機能は管理機能に、移行ツール機能はDesignerにそれぞれ統合されました。

APIの刷新

○WebAPI(SOAP)のAxis2対応

SOAPで公開されているWeb API仕様がAxis2(Ver1.6)に変更されました。