シングルサインオン(SSO)

他システムと同時に利用する場合には、各種シングルサインオン機能を利用することでCreate!Webフローのログイン認証をスキップしてシームレスにシステム連携をすることが可能です。

LDAP/ActiveDirectory認証

Create!Webフローへのログイン時に、ユーザーが入力したログインIDとパスワードが 指定されたLDAP上のユーザーとしてエントリーしている場合にログインを許可する方式です。
この認証を使用する場合は、Create!WebフローのログインIDとLDAP上のユーザー名が一致している必要があります。

LDAP/ActiveDirectory認証

GET認証を利用したシングルサインオン

GET認証とは、URLに付加したログイン情報を使用して、ワークフローシステムへのログイン認証を行うことです。 ログイン画面でのログインID・パスワードの入力を省略することができるので、 グループウェアなど他システムのポータル画面からシングルサインオンでそのままCreate!Webフローを利用することができます。

GET認証を利用したシングルサインオン

SAML認証を利用したシングルサインオン

IDプロバイダー(Active Directory フェデレーション サービスなど)に登録された認証情報を利用してCreate!Webフローにシングルサインオンすることができます。

SAML(Security Assertion Markup Language)認証を利用することで、例えば、Salesforce、Google Apps、Office365、cybozu.comといったSAML認証に対応している各種クラウドサービスやWebアプリケーションとのシングルサインオンを実現します。

SAML認証を利用したシングルサインオン

オープン統合認証を利用したシングルサインオン

サイボウズ社が公開する独自の認証方式「オープン統合認証 ver.2」を利用して、パッケージ版のサイボウズ ガルーン、サイボウズ Officeとのシングルサインオン連携を実現します。
(クラウド版については、 SAML認証をご利用ください。)

オープン統合認証を利用したシングルサインオン