自動申請・外部システムからの申請

自動申請

指定された監視フォルダーを参照し、そこに出力されたファイルの内容で自動的に申請することができます。
他システムで作成した申請データを利用して、ワークフローシステムで申請させたい場合などに使用します。
一度入力したデータをワークフローシステム上で再入力する手間を省きたい場合などに有効です。

Create!Webフロー自動申請

申請フォームリンク

外部システムから申請フォームを表示することができます。
例えば営業支援システムなどのCreate!Webフロー以外の画面で入力した値を引き継いで、ワンクリックで申請フォームを表示することができます。

外部システムからの申請フォーム表示

API連携

Web API(REST)またはWebサービス(SOAP)を使用し、グループウェアや基幹システムといった外部システムから、ネットワーク経由でワークフローシステムを操作することができます。

『API連携』の詳細はこちら