API連携

Webサービス経由で、外部システムと連携

ワークフローシステムAPIは、グループウェアや基幹システムといった外部システムとワークフローシステムとの連携を実現するためのインターフェースです。ワークフローシステムがインストールされたアプリケーションサーバー上で動作します。

開発した追加画面にAPIで取得した情報を表示したり、ワークフローシステムの任意の動作でJavaプログラムを実行することができます。また、外部システムからSOAP経由でAPIを呼び出すこともできます。

Create!WebフローAPIで、さらに柔軟なシステム連携が実現

API連携システム構成図

  • 外部システムから申請、承認、差し戻し、取戻し処理を行う
  • 申請情報の一覧を取得して外部システムで集計、再利用を行う
  • 申請・承認時に外部マスタ書き込みやメール送信を行うなどの機能拡張