承認・決裁

承認依頼

承認待ち一覧の表示

自分への承認依頼は、処理待ち一覧で確認します。

メール通知で気づき漏れ防止

申請時・承認時には、次の承認者へ(決裁時には申請者へ)の自動メール通知を設定できます。

承認

承認フォーム

承認フォームも申請フォーム同様、紙の申請書のようにデザインされた入力フォームです。

『承認フォーム』の詳細はこちら

内容を確認し、必要に応じて押印(自動/手動)や入力をして、承認を行います。

承認段階によるフィールドの表示/入力制御

承認フォームは、承認の段階によって各フィールドの表示/入力制御が可能です。

添付ファイル・コメントの確認

添付ファイル・コメントの確認

申請フォームに付随する添付ファイルやコメントは一覧表示で確認できます。

また、承認時にもファイル添付やコメント記入を行うことができます。

決裁

決裁者に指定されたユーザーが承認を行うことで、その申請案件は決裁完了の状態となります。

グループ承認

ひとつの承認ステップに複数人の承認者を配置することが可能です。

AND承認

AND承認

承認ステップに存在する承認者全員の承認を必要とします。

OR承認

OR承認

承認ステップに存在する承認者のうち、誰か一人の承認を必要とします。

承認ルートの変化

承認ルートの設定により、回付中に発生する各種条件によって承認ルートを変化させることができます。

入力項目による条件分岐(自動)

入力項目による条件分岐1入力項目による条件分岐2

申請フォームに入力された値によって、承認ルートを自動的に切り替えます。

申請者権限によるルート変化(自動)

申請者権限によるルート変化

承認ルート上に申請者よりも下の役職の承認者が存在する場合に、承認を省略することが可能です。

同一ユーザー連続時のスキップ承認(自動)

同一ユーザー連続時のスキップ承認

承認ルート上に同一ユーザーが連続する場合に、承認をスキップすることが可能です。

ルート変更(手動)

ルート変更画面

各承認ステップにおいてルート変更が許可されている場合は、後続の承認者の変更・追加・挿入・削除を行うことができます。

代わりの人に承認を依頼

代理承認・代行承認

不在などの際に、他のユーザーに承認処理を依頼することができます。

  • 代理承認(承認権限の委譲)

    代理承認を行うユーザーは、自分の名義・印影を使用して承認します。

  • 代行承認(承認操作の委譲)

    代行承認を行うユーザーは、本来の承認者の名義・印影を使用して承認します。

その他、承認者・決裁者のための機能

予定

承認依頼が回ってくる予定の申請案件を一覧で確認できます。

相談

承認・決裁権限のない第三者と申請内容について相談してから承認することができます。
承認者がその申請について他のユーザーと相談するためのスレッドを立てます。相談相手は組織に登録されたユーザーの中から承認者が選定します。

保留

承認までに検討で時間を要す場合、保留というステータスに変えて入力したデータを保存することができます。
申請者や他の承認者が状況確認のために承認ルートを表示した際、保留の状態であることを示します。

まとめて承認

多くの案件を処理する場合には、複数の申請案件をまとめて承認することで操作を短縮できます。

  • 連続承認

    リスト上で選択した申請案件について、承認フォームで内容を確認しながら、連続で承認します。

  • 一括承認

    リスト上で申請案件を選択し、一括で承認します。

差戻し

承認しない場合は、差戻しを行います。差戻しには以下の3種類があります。

  • 否認

    承認依頼を否認します。 否認により申請案件は完了します。

  • 再申請請求

    申請内容に不備がある場合などに、申請者に対して修正を促し再申請を請求します。

  • 再承認請求

    自分以前の承認内容に不備がある場合などに、その承認者を指定して再承認を請求します。

取戻し

自分が決裁者ではなく、自分の承認以降の承認者が承認や保留をしていない場合に、承認前の状態に戻すことができます。

督促

承認が滞っている場合、特定の承認者に対してメールで督促できます。