かんたん・みえる・つながる
ワークフローの最新版『Create!WebフローV3.1』をリリース
~システム連携と業務効率向上を支援する機能をさらに強化~

2011年03月25日

インフォテック・アーキテクツ株式会社

インフォテック・アーキテクツ株式会社(本社:東京都新宿区 社長:江崎 正義)は、紙による申請/決裁業務を忠実に実現したドキュメントワークフローシステムの最新バージョン『Create!Webフロー V3.1』を2011年3月25日にリリースいたしました。

最新バージョンCreate!WebフローV3.1では業務システムや他のパッケージとの連携機能の強化、承認行為や運用管理の業務効率向上を支援する機能強化が行われております。

V3.1リリース概要

  • PDFフレーム機能
  • 連続承認機能
  • 共有管理機能
  • JSPフォームの表示速度を大幅に改善
  • 自動申請機能拡張
  • 帳票データ出力機能拡張
  • 申請/承認ドキュメント流用機能
  • ルートエディタ操作性の改善

Create!Webフロー_V3.1リリース概要(111KB)

  • PDFフレーム機能
    外部で生成されたPDFファイルを申請書内に埋め込めるようになりました。
    押印済みの発注書や基幹システムで出力された帳票など、これまでは添付ファイルとして扱う必要があった ファイルを直接申請書内に表示して承認処理を進めることができます。
  • 連続承認機能
    複数の申請案件について内容を確認した上でまとめて承認できるようになりました。
    任意の申請案件を連続で処理できるため業務効率がアップします。
  • 共有管理機能
    現在の共有対象設定を申請済み案件にも適用できるようになりました。
    以下のような運用管理を実現できます。

  • 申請時点で共有対象が未設定だった申請案件に共有対象を事後設定する
  • 組織改変により主管部門が変更になった業務の申請案件の共有対象を変更する
  • JSPフォームの表示速度を大幅に改善
    JSP形式の入力フォームの表示速度を大幅に改善しました。
  • 自動申請機能拡張
    全てのフォーム区分(PDF/JSP/Word/Excel/その他)について自動申請機能が可能になりました。
  • 帳票データ出力機能拡張
    帳票データ出力機能で決裁済み/完了に加え、「未決裁」と「否認」状態のデータも出力可能になりました。
    様々な運用管理のシーンでご利用頂けるようになります。
  • 申請/承認ドキュメント流用機能
    Designerでドキュメントを作成する際に申請用、承認用それぞれのドキュメントを流用して作成できるようになりました。
    より効率的に申請書の作成を行って頂けます。
  • ルートエディタ操作性の改善
    承認グループ内の各承認者や条件分岐設定の各条件がソート可能になりました。
    より効率的に承認ルートの作成を行って頂けます。

この内容に対するお問い合わせ

■ お客様
インフォテック・アーキテクツ株式会社 ビジネスグループ
TEL.03-3360-6720  FAX.03-3360-6759
Mail.
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル

■ 報道機関の方
インフォテック・アーキテクツ株式会社 マーケティング
TEL.03-3360-6751  FAX.03-3360-6759
Mail.
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル

■ ホームページ
https://www.createwebflow.jp/

弊社は2014年7月1日に関連会社であるインフォテック株式会社と合併し、下記の通り社名を変更致しました。一部掲載当時の情報もございますのでご了承ください。

 旧社名:インフォテック・アーキテクツ株式会社
 新社名:インフォテック株式会社
 ※所在地、連絡先の変更はございません。

インフォテック株式会社
TEL:03-3360-6751  FAX:03-3360-6759
お問合せフォーム:https://www.createwebflow.jp/contact/form/apply.html